Distance

2010-07-04
解説4

楽曲解説4「syabondama
スタジオでセッションした楽曲にメロディーと歌詞を付けたもの。エレクトリックピアノとドラムのベーシックにベースをオーバーダビングし完了。もう少しリズムが効いたトラックをイメージしていたのですが、バンドサウンドというフォーマットゆえか、歌が前に出るかたちとなりました。
歌詞は社会や世界について歌ってます。
各所にちりばめられたグリッチノイズはエレクトロニック・ピアノ(logic内蔵音源)のトラックをmax/mspでジェネレートしたものです。(解説3と重なりますが)
ドラムはノーブランドの全指向性ダイナミックマイクをトップ、Shure BETA57Aをバスドラ、計2本のマイクで録音、以上

soft:Logic Pro、max/msp jitter
interface:Fast Track Ultra 8R
pc:MacBook MB467J/A Core 2 Duo/2.4GHz
etc:Fender jazz bass、Studio Drum、Studio Electronic Piano、Art TubePac
 

■観た映像
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

破、観た方いますかー?
次作がとても楽しみになるような作品ですね。
ドラマ、キャラクター、構成やらすべての要素がデータベース化され置き換え可能であるような物語って、とてもハイブリットな表現だと思う。
刺激になるなぁ。

2010-06-27
解説3

今回アップデートした楽曲のほとんどは、セッション音源をPC内にて(作曲作業として)再度編集しております。これは録音した素材を編集作業の段階で構築しなおす、ポストプロダクション的な表現に興味があったからです。それにより我々にいままで無かった感覚、具体的には、ノイズやクリック的なタイム間の介入を実現することができました。
なかなか興味深い経験でした。

楽曲解説3「sea
スタジオで録音したフレーズを、PC内で組み立て直し1曲にしたものです。セッションの段階では、構成、楽曲の雰囲気などは特に決めず、編集の段階でそのあたりを創りながら作業を進めていきました。曲間通してブラックミュージックのワングルーヴ感をイメージして組み立てました。
歌詞は海について歌っております。
各所にちりばめられたグリッチノイズはエレクトロニック・ピアノ(logic内蔵音源)のコードフレーズをmax/mspでジェネレートしたものです。
ドラムはノーブランドの全指向性ダイナミックマイクをトップ、Shure BETA57Aをバスドラ、計2本のマイクで録音、ベースはD.I.を直列に繋ぎ録音。以上

soft:Logic Pro、max/msp jitter
interface:Fast Track Ultra 8R
pc:MacBook MB467J/A Core 2 Duo/2.4GHz
etc:G&L electric bass、Studio Drum、Studio Electronic Piano、Art TubePac、SANSAMP BASS DRIVER D.I.、Fender Stratocaster

■読んだ本
「動物化するポストモダン」東浩紀著 

■観た映像
涼宮ハルヒの憂鬱DVD 全7巻
涼宮ハルヒの憂鬱DVD エンドレスエイト

いや、キャラクターソングのアッパーな多幸感ってすごいですね。

2010-06-19
解説2

キーワードとして、ループ(繰り返し)という概念が通低しており、
すべての楽曲はその影響のもとに構成されています。

なぜループなのか?
正確には認識できていないのですが、
続いてゆく平坦な日常生活の投影かもしれません。
また、循環コードのお手軽な心地よさへの甘えなのでしょうか。
とはいえ、すべてのドラマはその中に凝縮され、最小で最大の(ミニマルな)内容が展開されているように思います。

楽曲解説2「illumination_initiation
スタジオ内でコード進行を打ち合わせ、何度もセッションを重ねて行くうちに感覚的に構成ができあがり完成となりました。
歌詞は未来へのラヴソングとなっておりますが、自由に想像してもらえたら幸いです。
エレクトロニック・ピアノの音色は、LogicProに内蔵されている音源をMainStageにて使用。
バックに録音された得体の知れないパット系の音は、録音したエレクトロニック・ピアノのサウンドファイルをmax/mspにてグラニュラー自動再生により生成したグリッチノイズをLogicPro内でディレイ処理したものです。これにより、エレピの演奏にランダムではあるが追随するようなグロテスクなバッキングを表現することができました。
ドラムはノーブランドの全指向性ダイナミックマイクをトップ、Shure BETA57Aをバスドラ、計2本のマイクで録音、ベースはD.I.を直列に繋ぎ録音。以上

soft:Logic Pro、max/msp jitter
interface:Fast Track Ultra 8R
pc:MacBook MB467J/A Core 2 Duo/2.4GHz
etc:G&L electric bass、Studio Drum、Studio Electronic Piano、Art TubePac、SANSAMP BASS DRIVER D.I.

■読んだ本
「MUSICS」大友良英著 

■観た映像
新世紀エヴァンゲリオン シト新生
新世紀エヴァンゲリオン DEATH(TRUE)2/AIR/まごころを、君に
「告白」 中島哲也監督

六本木ヒルズのシネコンに初めて行きました。
告白観た人いますかー?良かったですよ!
原作は読めてないけど、、

Posted in Distance | 2 Comments »

2010-06-13
解説1

先月MySpaceにて発表した新曲、アップロードしただけではアレなので何回かに渡って解説をしてみようかと思います。

はじめに、これまでのフォーク/アコースティックなサウンドから、エレクトロへの一転としては、幾何学的、平坦、無機質な質感への探求から生じたものです。ここ数年、どんな内容のある有機的な事象よりも、より無意識下へと脱却し、再構築されたものにひかれることが多く、フィールドレコーディングから聞こえてくる音なども好んで摂取しておりました。今回はそのような背景のもとで制作したものです。

楽曲解説1「clerk
小節や楽節を限りなく解体し、再構築のもと新しい音を鳴らしたもの。
響きとグルーヴ以外は既存の構成からすべて脱却することを目的に制作しました。
星野、佐々木とのセッション音源から16ビートの1フレーズをカットアップし、max/msp上でランダム・グラニュラー(ランダム再生機能のついたサンプラーみたいな物)にて、あてられたフレーズを8分音符の符割りにランダム再生し、きわめて人為的なフレーズを無意識的に再生、再構築することができました。また、それを核とし、ガットギターのコードアルペジオを一発取りし、バックで鳴っている幾何学なギターの音もまた、先ほど一発取りしたガットギターのサウンドファイルをmax/msp上でランダム・グラニュラーにて生成したものです。
ちょっと頭が大きいですね。

soft:Logic Pro、max/msp jitter
interface:Fast Track Ultra 8R
pc:MacBook MB467J/A Core 2 Duo/2.4GHz
etc:G&L electric bass、Studio Drum、Line6 Acoustic 300 Nylon、Art TubePac

clerkという表題、店員を意味しており、拙い動画が存在します。
こちらに関してはまたの機会に。

■読んだ本
「ヘヴン」川上未映子著
「ニッポンの思想」佐々木敦著
「アンビエント・ミュージック1969-2009」STUDIO VOICE編集

■観た映像
新世紀エヴァンゲリオン TVシリーズ全26話
DOMMUNE「PHEW/45回転であいましょう~Let’s Meet in 45rpm」第二話

2010-05-05
info

お久しぶりです、ご無沙汰してます。

MySpaceを始めました。

昨年録ったセッション音源を新曲として

アップしてありますので良かったら聴いてみてください!

http://jp.myspace.com/bedtownsounds

よろしくお願いしますっ!

2009-10-06
info

※ライブ出演キャンセルのお知らせ

10月13日(火) 高円寺クラブライナーにて出演を予定しておりましたライブにつきまして、
諸事情により出演キャンセルとなりました。

楽しみにされていた方々、ライブハウス、出演者の皆様にお詫び申し上げます。
何卒、ご了承の程を宜しくお願いいたします。

なお、こちらに関するお問い合わせ等ございましたら、下記までお願いいたします。
email@bedtown.jp

2009-09-13
info

BEDTOWNのライブ情報です。

久々に3人編成で出演いたします。

===
「This Is Pop vol.30」
10月13日(火)  高円寺 クラブライナー
共演者:noom、繋がりINPUT、楽しい夜更かし、
前売:¥2,000/当日¥2,300
CLUB LINER tel:03-3318-6130
===

今日は、近所の魚屋で秋刀魚を買い、焼いて食べた。

食後、青山真治監督の映画「EUREKA」を、観た。

2009-06-23
memo

下北沢GARAGEにてイベント”高橋栗原の元気よくやってみよう!!! vol.5 “ に
急遽、単独で出演させていただきました。
久しぶりのライブ、単純に出来て嬉しい、楽しかった
というようなことしか言えないのですが、
またいろいろ擦り合せてみたい。
近くの自販機でコーラを買って帰宅。
皆さん、ありがとうございました。

2009-01-01
Hello,World!

新年あけましておめでとうございます。
昨年は皆さん大変お世話になりました。ありがとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いします。
2009_1_1.png

2008-07-27
Variation_


The operation completed.
Thanks for listening.

Posted in Distance | Comments Closed